ボストンダイナミクスがまた新しいロボットを出したぞ!!

世界でも最高水準のロボット開発技術を持つ「ボストンダイナミクス」がまた新しいロボットを開発したようです。

Introducing Stretch
©2021 Boston Dynamics

奴の名は Stretch 。なんだか身体が柔らかそうな名前ですが、倉庫や配送センターといった物資集積所での使用を目的に開発されたロボットの試作モデルです。

工場で使われるロボットアームに移動式の台車を組み合わせたようなロボットに見えます。

アームの先端には吸引式のグリッパーを装備し、箱を落とさず作業します。

以下、ボストンダイナミクスの公式ホームページより Stretch の特長を紹介します。

センサーマスト
マスト状のセンサーユニットにより正確で迅速な認識を行います。

ロボットアーム
人間の腕に匹敵する7自由度を持ったアームを搭載。可動域を高めています。

スマートグリッパー
組み込みセンシングとアクティブ制御により、様々なパッケージを高速で取り扱うことができます。

充実した電源システム
Stretch に搭載された大容量バッテリーにより、フルシフトの運転も可能です。また、さらなる連続運転のために電源ケーブルを使用するオプションも用意されています。

優れた移動性能
Stretch の台車はいかなる方向にも移動することができ、障害物や傾斜した通路でも運用できます。また省スペースの台車はあらゆる場所での作業を可能にします。

ボストンダイナミクスは研究・試作要素の強いロボットを開発していましたが、ここにきて実用性重視のロボットを出してきましたね。

あと10年もすれば、物流配送センターにこの類のロボットを見かけるようになるかも知れませんね。それでは。

SPONSORED LINK



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人々が作り上げたモノやテクノロジーが好き。そしてゲーム、音楽、映画が好き。 そんな管理人が、教養とエンターテイメントが交差する不思議な世界へご案内いたします。