オタク魔女とクイズ対決!! Majotori ゲーム紹介

悩みを抱えたときに突然現れるサブカルチャー系魔女とクイズ対決をする「Majotori」。勝てば願いが叶うが負ければ地獄行き!?

映画・アニメ・ゲームの知識を総動員してオタク魔女に勝利しよう!!

Majotori Launch Trailer ©2017 Majorariatto

Majotoriはどんなゲーム

オタク魔女とクイズ対決!! Majotori
このゲームの登場人物は自分の人生を変えたい、恋人にアプローチしたい、野球の試合に勝ちたいなど、何かしらの悩みを抱えています。

そうして頭を抱えていると、突然 Lariat という名前の魔女が現れ、「私のクイズに答えられれば願いを叶えましょう。」と言ってきます。

詳細は後述しますが、クイズに答えられればそのキャラクターは良い結果を得られ、答えられなければひどい目に遭います。

Majotori 登場人物

Lariat
Majotori Lariat
姫カットの黒髪に黒いとんがり帽子というサブカルチャー系ウィッチ。見た目に似合わないプロレス技のような名前をしています。

登場する状況は様々で、いつも共通しているのは突然現れるということです。

困っていると後ろからいきなり肩を持ちながら、「これはお困りのようですね!」と、友達でもないのに友達っぽく現れたり、飛行機が墜落しかけている時に副操縦席に現れて「副操縦士、着任!」という感じに空気が読めない登場をすることもあります。

ゲームの世界の住人たち
Majotori Characters
悩みの種類や規模はそれぞれですが、自力ではどうにかならない問題を抱え途方にくれています。

魔女が出題したクイズを解き、彼らの運命をより良い方向に導くのがプレイヤーであるあなたの仕事といえます。

悪い結果となれば、振られたり、寝坊したなどといった程度で済めばよいのですが、人によっては即死することもあります。

やはり魔女は魔女のようです。

Majotoriのルール

基本ルール


魔女からは9問のクイズが出題され、答えを4拓の中から選びます。

クイズに正解すると○、不正解すると×の記号が付きます。そしてルーレット形式で9つの中からひとつだけがピックアップされ、それが○なら良い結果、×なら悪い結果となります。

当然正解数が多いほど有利ですが、9問中1問しか正解できなくても運よく正解したものがピックアップされるとそれでOKなため、最後のルーレット次第といえます。

出題範囲


出題範囲は、一般常識アニメ映画ゲームのジャンルから出題されます。

一般常識は小学生の学力テスト程度の印象でしたが、他の3つのジャンルが非常に濃いです。

例えば上の例題
映画「ロッキー」で主人公を演じた俳優は誰でしょう?

答えはシルヴェスター・スタローンですが、選択肢にはチャック・ノリスやジャン=クロード・ヴァン・ダムなど中々凄まじいメンバーが入っています。というか選択肢のメンバーは全員映画「エクスペンタブル2」に出てましたね。

例題のような簡単なものから、あるゲームの主人公の相棒は誰だったなどの難問もあり、80年代から現在までのサブカルチャーをある程度知っていないと、オタク魔女に勝つことはできません。

ストーリー性


クイズをクリアした場合とそうでない場合にかかわらず、一度の登場で退場するキャラクターの他に、その後のストーリー展開がなされるキャラクターも存在します。

彼らに何が起こるのかを最後まで知るためにも、クイズに正解してオタク魔女をギャフンと言わせましょう。

プレイしてみて


映画をよく見たり、ゲームをする人(特にPS1・64世代)は敷居が低いといえます。

アニメに関しては、20~30代の人ならよく知っている作品が登場する(日本の作品がめっちゃ多い)ため、検索エンジンの力を借りずともサクッとプレイできると思いました。

SPONSORED LINK

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

まず、人々が作り上げたモノやテクノロジーが好き。 そしてゲーム、音楽、映画が好き。 教養とエンターテイメントが交差する不思議な世界へご案内します。 最近やっと名前が決まりました。「スミス」です。仲良くしてやってください。