Steam レベルの効率的な上げ方を考えてみた

タイトル画像:©Eugene CaponによるPIXABAYからの画像

PCでゲームをしている人なら殆どの人が知っているであろうSteam。

せっかくSteamでゲームをプレイしているのだから、Steamレベルや、マーケット、トレーディングカードに興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

Steamレベルをなるべく安く上げる方法を私なりに考えてみたので、紹介しようと思います。

STEAMレベル 

レベルを上げる前に、まずは予備知識から入りましょう

●ジェム

ブースターパックを作成するときに消費するアイテム。ジェム袋を購入するか、バッジ作成のときに貰えるアイテムを分解して得る。ジェムの価値はゲームによってバラバラ。

ジェムを1000以上所有していれば、ジェム袋にしてコミュニティーマーケットで売却することもできる。

●ジェム袋

1000ジェムが入っている。
コミュニティーマーケットで「ジェム」と検索すると出てくる。値段は30円から40円程度(2019年の相場)で変動する。

高レベルのプレーヤーは時々数千個ぐらいの、物凄い数を持っている。

このジェム袋の値段をジェムの相場として考えておくと良い。

トレーディングカード

ゲームを象徴するイラストが描かれたカード。トレーディングカード自体がないゲームもある。必要な種類を集めると、ゲームのバッジを作ることができる。

バッジを作るために必要なトレーディングカードはゲームによってバラバラ。少ないもので5枚程度、多いものでは16枚程度になる。

 ■主な入手方法

 ○ゲームをプレイする
 ゲームをある程度プレイするともらえる。2時間程度プレイ時間が記録されると、それ以上はプレイ時間によるドロップはなくなる。

 ○ブースターパックを入手して開封する
 コミュニティーマーケットでブースターパックと呼ばれるパッケージを購入する。要リアルマネー。

 ○コミュニティーマーケットで購入する
 コミュニティーマーケットでカードを購入する。要リアルマネー。

キラカード
 
普通のトレーディングカードの10倍程度のジェム価値がある。高いもので240ジェムほど。希少性を反映してコミュニティーマーケットの価格はジェムの倍数よりは遥かに高い。

しかし例外もあり、ゲームによってはノーマルと同じくらいの値段で売られていることがある。

●ブースターパック

トレーディングカードがランダムで3枚含まれている。ジェムを消費するかコミュニティーマーケットで購入することで入手。ジェムで入手する場合はゲームを購入していないと作れない。

バランス良くバラけていることは余りなく、3枚中3枚が同じというパターンというのも結構ある。

大作ゲームなどに関わらず、要求されるジェムはバッジ作成の必要枚数で決定されている。バッジ作成に必要な枚数が5枚なら1200ジェムを要求され、ジェム袋ひとつでは足らない。

○トレカ枚数と必要ジェム数は以下参照

1200(5枚)
1000(6枚)
857(7枚)
750(8枚)
500(12枚)

●バッジ

ノーマルのバッジで5段階。希少性の高いキラバッジで1段階のレベルが存在する。バッジはレベルが上がることにそのレベルのデザインに上書きされる。

Steamレベルを上げる方法として、もっとも確実で早い方法といえる。

バッジを作成するごとに以下の報酬がもらえる。

○経験値
 ゲームの種類や値段、キラに関係なく全て100XP。経験値をためることで、Steamレベルが上がっていく。

○絵文字
 いろいろなデザインの絵文字。プロフィール画面やメッセージに使うことができる。コモン、アンコモン、レアといった段階が存在。そのゲームを所持していなくてもコミュニティーマーケットで購入可能なほか、ジェムに変換できる。

○背景
 ゲームを象徴するデザインの背景で、プロフィール画面の背景に設定することができる。こちらもコモン、アンコモン、レアといった段階が存在。そのゲームを所持していなくてもコミュニティーマーケットで購入可能なほか、ジェムに変換できる。

○クーポン
 ゲームの値段が大幅に割引されるクーポン。種類も品質もランダムなゲームが選ばれるため、大作ゲームのクーポンはまず出ない。25%、33%、50%、66%、75%、90%のクーポンが存在する。

●キラバッジ

キラカードの値段は非常に高額な場合が多いが、ゲームによってはノーマルと同じくらいの値段で売られていることもある。安ければ作るのもアリ。

SPONSORED LINK

ゲームに設定されたジェムの相場

絵文字・背景について、ランクは固定されている。どんな話題作や大作であっても特別優遇などはなし。

以下のようなランクを確認。

○10ジェム
 無料ゲームや非常に安価なゲーム(100円以下)に多い。

○20ジェム
 安価なゲーム(500円以下)に多い。

○40ジェム
 シンプルなゲーム(2000円以下)に多い。

○60ジェム
 レアなパターン。

○80ジェム
 普通のゲームや大作ゲームで最もよく見かけるジェムの価値。

○100ジェム
 レアなパターン。一部のゲームでしか見られない。

Steam 安くバッジを作るコツ

Steamストアでトレーディングカードのあるゲームを選ぶ。

Steam Showcaseでバッジを作るために必要なトレーディングカード数を調べ、5枚~6枚か一枚が非常に安いゲームか確認する。また、バッジ作成でもらえる絵文字や背景の値段も目を通しておく。

コミュニティーマーケットでゲームを探し、トレーディングカードの出品状況を確認。Showcaseでは分からない2枚目以降のカードの値段を調べる。
(2枚目や3枚目から値段が数倍に上昇していることがあるため。)

トレーディングカードの3枚の合計価格がブースターパックよりも高い場合、ブースターパックから購入する。キラが出る可能性もある。ブースターパックを4、5個購入した時点で開封してみる。

マーケットで残りのカードを購入してバッジを作成する。

Steam ジェムをなるべく安く入手する

コミュニティーマーケットで1000ジェムの相場を確認する。

コミュニティーマーケットで40ジェム以上の絵文字や背景を探し、相場よりも低いものを入手する。

以下におおよその相場を示す。

10ジェム
0.3円

20ジェム
0.5~0.6円

40ジェム
1.2~1.3円

60ジェム
1.6~1.8円

80ジェム
2.5~2.7円

100ジェム
3.1~3.4円

入手したアイテムをジェムに分解する。(10ジェムや20ジェムでも可能だが、作業時間が数倍になるためおすすめしない)。

SPONSORED LINK

コミュニティーマーケットでの売買は忍耐

マーケットでの売買はSteamウォレットに反映される

Steamのアイテムはコミュニティーマーケットで売ることで、別のアイテムを購入したり、次のゲームを購入する資金に充てることができます。

しかし、アイテムはすぐに売ることはできません。

過去にハッキングされて、マーケットで勝手にアイテムを売られるという事態が多発したためマーケットに出品手続きしたアイテムは、14日間出品がホールドされてしまいます。

スマホに専用のアプリを入れることでこの期間は軽減されます。

あまり欲張りすぎると売れない

物を売る側はなるべく高い値段で売りたいもの。しかし買う側はなるべく安く買いたいものです。

高い値段を設定してしまうとすぐに自分より安い値段の売り注文が入り、リストのずっと下のほうに埋もれていきます。

マーケットの価格設定は0.01円単位で金額の調整ができるため、1円の価格差の間に1000個の注文が詰め込まれることも普通です。

今までにどれくらいの価格推移があったのか見ておき、価格を決定しましょう。

需要を把握しておく

通算で、どれぐらいの期間で一つ売れているかも確認しましょう。1年で3、4個などと壊滅的に需要がないアイテムもあります。

高価なアイテムでありいつまでも待てるのであれば、相応の値段を設定して売っても良いでしょう。

が、売買サイクルの低いアイテムは、自分より安いアイテムが後出しで1個でも入ると面倒になることも覚えておきましょう。

SPONSORED LINK



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

まず、人々が作り上げたモノやテクノロジーが好き。 そしてゲーム、音楽、映画が好き。 教養とエンターテイメントが交差する不思議な世界へご案内します。 最近やっと名前が決まりました。「スミス」です。仲良くしてやってください。