カナダ向けの新たな対潜哨戒機プログラムが進行中




Copyright_Bombardier Defense

概要

カナダ政府が要求したCNMA要件(マルチミッション航空機)を満たすため Bombardier Defense (ボンバルディア・ディフェンス)と General Dynamics Mission Systems Canada (ゼネラル・ダイナミクス・ミッション・システムズ・カナダ)、そして Canadian Commercial Corporation (カナダ商業公社)が連携して機体開発に乗り出しました。

ベースとなる機体にはボンバルディアの Global 6500 が予定されており、燃費の良いターボファンエンジンと最新鋭の機材の導入によって、対潜任務を含んだ多種多様な任務に対応する機体の開発を行う計画になっています。

カナダのCNMA要件に適応した他社の機体として、強力なボーイング P-8 ポセイドンが挙げられており、厳しい比較が行われるとみられます。

競合機種の存在によって不確実な結果に終わる可能性もある中、あえて開発することについてボンバルディア・ディフェンスは以下の説明をしています。

CNMAの機体選定は決定しておらず、カナダ政府も選択肢がひとつだけでは競争性や透明性で不安がある状態だ。

カナダで最高クラスの防衛産業技術のノウハウを持つゼネラル・ダイナミクス・カナダと協力することで、よりカナダでの使用に最適化された機体を開発できる。

高度な防衛産業は多くの開発経験値をカナダにもたらし、長期間にわたり計画に携わるカナダの雇用者および政府に恩恵をもたらすメリットがある。

ポセイドンとの比較

今回の機体はポセイドンにも劣らない性能として、以下の項目が示されています。

●Gloobal 6500はCNMA要件に適したサイズであり、多くの種類が開発されて現役運用されている

●Gloobal 6500の搭載エンジンは、民生運用によって長時間・長距離飛行・低燃費が証明されており、長時間の哨戒飛行に耐えうる

●ISR(情報・監視・偵察)任務、海上・陸上の索敵、捜索救助、対潜など、任務に応じた仕様で多用途性を確保

●CP-140 オーロラや CH-148 サイクロンで運用されたシステムを活用した、ゼネラル・ダイナミクスのミッションシステムを使用

●ゼネラル・ダイナミクスの音響処理技術により、最新の潜水艦探知システムが構築される

コンセプトアートでは魚雷や対艦ミサイル、機雷を満載した攻撃的な機体が描かれており、現用の対潜哨戒機を上回る性能の機体を生み出したい意思の強さが伺えます。

Bombardier Defense ホームページ

カナダ政府はポセイドンを採用


Copyright_Boeing

2023年11月30日、カナダ政府はボーイング社のP-8Aポセイドンを次期対潜哨戒機として採用すると発表しました。

P-8Aポセイドンはオプション契約も含めると全部で16機が導入され、1980年から運用されているCP-140オーロラを代替していくことになります。

ポセイドンが選ばれた理由の一つ目は、信頼性です。

現在ポセイドンは同盟関係にある複数国で採用されていることや、全世界で100機以上が運用されている信頼性のある機体であり、導入時のトラブルサポートも充実しています。

そして二つ目は経済効果と開発経験値です。

今回の契約でカナダ政府とボーイング社は、国内産業における技術開発と国内への利益還元に関する取り決めを行いました。

それにより調達契約に関連するカナダ国内の航空・防衛大手やその関連会社を含めて約3,000人の雇用を生み出し、10年間を通じて3億6,000万ドルの利益をもたらすと試算されたことなどから採用が決定した模様です。

CNMA機体としてカナダがP-8Aポセイドンを採用したことにより、ボンバルディアとゼネラル・ダイナミクスの計画は中止になるでしょうが、防衛企業として一定の存在感は示せたのではないでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドローンや車両などのテクノロジーに関連する記事を上げています。