アメリカ アンドゥリル社が迎撃型ドローンを発表




Anduril unveils Roadrunner & Roadrunner-M
©2023 Anduril Industries

カリフォルニア州の防衛産業企業であるアンドゥリル社が、2023年12月にドローン迎撃も可能な防衛ドローンの「ロードランナー」を発表しました。

ロードランナーは、ツインジェットによって高速で飛行し、モジュール式ペイロードによって多様な機体構成にすることで、あらゆるミッションを遂行し、将来開発される装備にも対応可能なAAV(監視型自律飛行機)です。

バリエーションのひとつである「ロードランナーM」は炸裂機構を内蔵し、対抗勢力の飛行体を認識して体当たりして破壊します。

目標を破壊する必要がないと判断された場合、任意の場所に着陸させることで再利用することができます。

着陸モードでは本体に内蔵された着陸脚を展開し、機首を真上に向けて地面に着陸します。このため狭い着陸場所でも問題になりません。

帰還したロードランナーは燃料補給を行うだけで復帰でき、ミサイルには不可能な帰還行動や監視活動への移行などの柔軟性を持ちます。この能力は運用者にとって大きなメリットになります。

AIによる自律飛行を含めたシステム構成により、オペレーターの操作量が減少し、一人で複数のロードランナーを操作することも可能です。

AI制御飛行システムには、アンドゥリル社のAI指揮制御ソフトウェアである「Lattice」が使用されます。

ロードランナーは運用時に「NEST」と呼ばれる専用のコンパクトな格納装置に格納され、ミサイルのように発進します。ネットワーク化され機体モニタリングチェックと安定化を行うNESTにより、数秒程度でロードランナーを機動させることができます。

オープンアーキテクチャにより、ロードランナーは既存の防空レーダーなどのほかのアーキテクチャと相互運用できるようになり、効果的で迅速な運用が目指されています。

アンドゥリル社はロードランナーのスペックについて、速度、積載量、機体寸法などの具体的な数値を明らかにしていません。

最高速度は亜音速という曖昧な表現にとどめられていますが、潜伏状態から一気に相手に接近するのであれば、相手がこちらを捉えるまでに猶予はほとんどないでしょう。

アンドゥリル社によれば、ロードランナーは他社の類似製品に比べて発進・着陸時間がより短く、3倍の弾頭容量と重力加速度での機動が可能であり、直線的な迎撃パターンの場合なら10倍の有効射程を発揮すると説明しています。

あらゆる航空機に対処可能であるため、相手が武器を搭載したジェット機であるなら最大100倍の費用対効果が得られるという説明も頷けます。

アンドゥリル社はロードランナーについて、コスト削減を行うことが当面の目標であると述べ、ミサイルよりも安価にすることでより安価な迎撃兵器として完成させるとしています。

ロードランナーは少数でも迎撃が可能ですが、コストが安くなれば現用の防空システムと同じコストを振り向けた場合、より効率的で大規模な防空システムを構築することが可能になります。

ほかにもアンドゥリル社は、2年間という短期間で単なるスケッチから現物を完成させた実績を説明し、会社の開発能力の高さと既存の複雑な防空システムとの違いをアピールしています。

Anduril ホームページ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドローンや車両などのテクノロジーに関連する記事を上げています。