高速潜水ドローン「K4 マンタ」の開発計画が進行中




K4 Manta – Nov 2023
©2023 Kraken Technology Official

小型戦闘艇の開発で知られる Kraken Technology Group と 防衛・通信大手の L3Harris の2社が、先進的な海洋無人機「K4 マンタ」の開発提携を行うことを発表しました。

マンタは自律航行能力を持った水上・水中プラットフォームであり、水中翼船の技術によって水上を滑走することで高速性を発揮します。

また潜水艦のように水中に潜行することで、目視やレーダー波を回避して潜伏できる隠密性も備えています。

この高速性と隠密性を組み合わせることにより、航続距離と安全性を確保し、複雑な任務にも対応することが目指されています。

マンタの実現には状況把握と航行を思考するための高度な判断能力が必要であり、自律型船舶技術の設計・運用ノウハウを持つ L3Harris 社と技術提携することで、開発力の強化を狙った模様です。

Kraken 社によると、L3Harris 社の開発チームの能力は、最も重要な制御システム開発および高度自律性の専門知識だけでなく、プラットフォームのコンセプト設計、製造、試運転、運用とメンテナンスなどすべての面に通用する優れたものである、と評価しています。

マンタが計画通りの性能を発揮することで、遠く離れた船舶や離島への輸送任務において、人的被害を出すことなく任務を遂行する輸送システムが完成します。

デモ動画では艦船への攻撃に使用していましたが、複雑な判断力を持ったマンタは極めて高価になると予想されるため、積極的な攻撃手段には使用されないでしょう。

マンタは大小さまざまなサイズと性能が計画されており、任務内容に応じて使い分けられるようになっています。

特に最大タイプのマンタ54は航続距離が極めて長く、水上を60ノットという恐るべき速度で滑走することができます。以下が各タイプの諸元です。

マンタ54

・全長16.5m
・ハイブリッド駆動
・ペイロード 5,000kg
・運用深度 30m
・水上速力 60ノット
・水中速力 10ノット
・航続距離 1,000マイル(1,850km)

マンタ36

・全長11m
・電動駆動
・ペイロード 1,500kg
・運用深度 30m
・水上速力 45ノット
・水中速力 10ノット
・航続距離 300マイル(550km)

マンタ18

・全長5.5m
・電動駆動
・ペイロード 100kg
・運用深度 30m
・水上速力 30ノット
・水中速力 10ノット
・航続距離 300マイル(550km)

マンタ12

・全長3.7m
・電動駆動
・ペイロード 25kg
・運用深度 2m
・水上速力 30ノット
・水中速力 10ノット
・航続距離 300マイル(550km)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドローンや車両などのテクノロジーに関連する記事を上げています。