CIV5 世界遺産 産業時代 能力評価や使いどころなど

このページの情報について
このページはBNW(Brave New World)版の情報です。

生産コストはゲーム速度「スタンダード」の値です。

全ての世界遺産は、世界議会での提案「文化的遺産」により文化力3を産出するようになります。

全ての世界遺産は、宗教の信仰の証「霊感」により、信仰力2を産出するようになります。

産業時代の世界遺産について

産業時代の世界遺産は全部で3つで、前の時代と比べて非常に少ないです。

慣れてくると、この時代の世界遺産が無くてもクリアできるため、インパクトの強いものはありません。

今までの専門家ポイントの蓄積や信仰力によって大技術者の購入が可能になり、高難易度でも建てられる可能性が上がってきます。

ルーブル美術館

解禁されるテクノロジー:考古学
必要な社会制度:探検

■建造コスト:750

効果

文化力 +2
無償の大芸術家×1
傑作芸術・文化遺産スロット×4
   (テーマ化ボーナス:傑作芸術2つと文化遺産2つ、時代と文明は全て異なる)

 

最多の文化遺産スロットを誇る文化系世界遺産。

スロット持ちの遺産に多い素の文化が低い遺産。解禁には普通採らないであろう「探検」を採る必要がある。ただ無償の社会制度のパワーがあるポーランドなら寄り道しても問題なし。

4つ必要とあるが、2つは史跡を発掘して得られる文化遺産なので、割と揃いやすい。なお、文化遺産がテーマ化ボーナスとなっている世界遺産はこのルーブル美術館のみである。

高難易度では割と人気があり、産業時代のうちに建てられてしまう。

あと、絵とアイコンが違うような気がする。

 

ビッグベン

解禁されるテクノロジー:工業化
必要な社会制度:商業

■建造コスト:750

効果

全都市で購入費用が15%減少する
ゴールド +4
文化力 +1
大商人ポイント +2

 

購入費用を削減する久しぶりに登場した金策遺産。社会制度の商業を採用していないと建てられない。

どうせなら、商業の重商主義を採用して40%割引にして一気に購入しよう。

対象は全都市に及ぶため、急な宣戦布告にも対処できるのが強み。軍事ユニットが安くなる点で民主主義の兵器房とも相性がいい。

非戦主義では不要といわれるが、高難易度では核を満載した巡洋艦や潜水艦を差し向けてくるとんでもない野郎がいるので、油断できない。自由を採用して宇宙船のパーツをゴールドで買う場合にも役立つ。

大商人ポイントはここに来てようやく2ポイントもらえるようになる。ゲーム終盤に親指をたてた大商人の姿が拝めるはずだ。

 

ブランデンブルグ門

解禁されるテクノロジー:軍事学
■建造コスト:750

効果

建造した都市で生産された全軍事ユニットに経験値+15
文化力 +1
大科学者ポイント +2
大将軍×1

 

全ユニットが対象というところが優秀。生産した都市に士官学校があり、さらにアランブラがあれば、起伏に富んだスキルを踏むと一気にレベル5相当の陸軍ユニットが生産できる。それでなくてもレベル4からは相当強い。

戦争しないのであれば必要なし。仮に宣戦されても、余程まずい運用をしなければ経験値はすぐ取り返せる。大事なのは数。

大科学者ポイントがもらえるのは意外、原子力時代あたりに科学者が生まれる。

近隣に敵意剥き出しの戦争バカがいないのであれば、素直にくれてやってもいいだろう。

SPONSORED LINK



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Wolfy Blacksmith

人々が作り上げたモノやテクノロジーが好き。そしてゲーム、音楽、映画が好き。 そんな管理人が、教養とエンターテイメントが交差する不思議な世界へご案内いたします。