civ5 世界遺産 太古の世界遺産 能力評価や使いどころなど

このページの情報について
太古の世界遺産DLCを含みます。

このページはBNW(Brave New World)版の情報です。

生産コストはゲーム速度「スタンダード」の値です。

全ての世界遺産は、世界議会での提案「文化的遺産」により文化力3を産出するようになります。

全ての世界遺産は、宗教の信仰の証「霊感」により、信仰力2を産出するようになります。

太古の世界遺産について

太古時代の世界遺産は全部で6つ。

1ターンの行動一つ一つをよく考えて決めていかなけらばならない時期のため、世界遺産に生産力を割くのも考え物といえます。

高難易度で自力建造するのであれば、森林を伐採することで生産力をブーストするテクニックも使いたいものです。

アルテミス神殿(DLC)

解禁される技術:弓術
■建造コスト:185

効果

全都市の成長速度 +10%
遠隔攻撃ユニット生産の際 生産力 +15%
  (ユニットの戦闘クラスに対する修正値)
文化力 +1
大技術者ポイント +1

 

最も早く獲得できるテクノロジーの弓術から解禁される世界遺産でありながら、10%の成長速度は全都市に効果が及ぶ。

大技術者ポイントがもらえるため、中世の世界遺産を獲得する技術者の入手も助けてくれる。

固定値ではなくパーセンテージで生産力が上昇する。ロケット砲やバズーカ砲などの終盤のユニット生産にも効果が乗るため陳腐化しない。

高難易度ではAIに建てられる遺産(※)と覚えておく。全都市に効果がかかるため、これを建てたAI文明の都市占領時に獲得するのも手。

※ゲーム難易度の難しい順番の二番目から、AIは0ターンの時点でテクノロジー”弓術”を開発している状態になっている。

 

ストーンヘンジ

解禁される技術:暦
■建造コスト:185

効果

信仰力 +5
大技術者ポイント +1

 

太古の時代に信仰力を5ポイント生み出すため、宗教の創始が約束される。大技術者ポイントも得られるが反面ほかの性能はいまいち。

信仰力を得られる要素は遺跡探索、宗教系都市国家との友好関係、タイルから信仰力を生み出すパンテオン信仰などがあるためあまり優先順位は高くなくてもよい。

その上、高難易度では高確率でAIが建造してしまう。仮に建造できたとしても、その時点で他文明が宗教を2、3創始しているため狙った信仰の証がとれないこともある。

 

アレクサンドリア図書館

解禁される技術:筆記
■建造コスト:185

効果

無償のテクノロジー×1
研究力 +3
文化力 +1
大科学者ポイント +1
無償の図書館

スロット:傑作書物×2、テーマ化ボーナス(異なる時代と文明の傑作書物)

 

建造することでテクノロジーを1つ獲得し、図書館と合わせて研究力が大きく増強される。また太古の世界遺産の中で唯一大科学者ポイントが得られるため、中世での科学力向上も約束される。おまけで傑作書物スロットもあり、文化勝利にも少しだけ貢献。

高難易度ではAIに建てられる遺産であり、あきらめて普通に図書館を建造した方がいい。無償のテクノロジーは力で奪っても効果が得られないのがいやらしい。

 

ピラミッド

解禁される技術:石工術
必要な社会制度:開放

■建造コスト:185

効果

労働者の作業速度が25%向上
文化力 +1
大技術者ポイント +1
労働者×2

 

序盤で建造が可能な世界遺産であるが、最後まで有用な効果を持っている。

ゲーム速度がスタンダードである場合、地形改善施設を1ターンで直せるようになる。ここに着目して敵領土で戦争する際に労働者を一緒に連れて行き、敵の地形改善施設を略奪(軍事ユニットのHPが回復)して即修復を繰り返す略奪回復戦術は有名。

大技術者ポイントがもらえるため、中世の世界遺産を獲得する技術者の入手も助けてくれる。高難易度ではAIに建てられる遺産と覚えておく。奪っても効果が得られるため、これを建てたAI文明の都市占領時に獲得するのも手。

高難易度ではAIにかなり早く建てられるため、古代遺跡からのテクノロジー入手や文化力入手を駆使して解禁時期を整えたいところ。

 

マウソロス霊廟(DLC)

解禁される技術:石工術
■建造コスト:185

効果

偉人を消費すると、その度に100ゴールドを獲得
大理石、石材のあるタイルに+2ゴールドを付与
文化力 +1
大商人ポイント +1

 

ゴールドと大商人ポイントから分かるように、経済に重点を置いた世界遺産といえる。しかし効果はよくない。

大理石や石材がいくつもある立地ならともかく、そうでないなら建造価値は低い。しかも、ゲーム後半からは生産力をゴールドに変えられるためやはり無理して取るものではない。その上時代ごとに建造物やユニットの購入金額が上昇するゲームの特性上、いつの時代でも固定された100ゴールドというのは少なすぎる。

全ての資源タイルに+1ゴールドとか、時代が進むごとに偉人で獲得できるゴールドが上昇するのであれば使い勝手が良かったと思う。

 

ゼウス像(DLC)

解禁される技術:青銅器
必要な社会制度:名誉
■建造コスト:185

効果

全ての軍事ユニットに昇進”ゼウス像”を付与
  (都市攻撃のとき、戦闘力15%上昇)

文化力 +1

 

戦闘力を上昇させる効果があるものの、戦争しないのであれば全く意味のない存在になってしまう。太古の世界遺産の中で唯一偉人誕生ポイントがないのもマイナスポイント。さらに社会制度”名誉”が必要なのもマイナスポイント。

都市を攻撃→占領→破壊することでようやく特性が生きるフン文明が最も使いやすいが、15%の効果自体そこまで強力ではないため、ほかのことに生産力を割いたほうが賢明。

SPONSORED LINK

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Wolfy Blacksmith

人々が作り上げたモノやテクノロジーが好き。そしてゲーム、音楽、映画が好き。 そんな管理人が、教養とエンターテイメントが交差する不思議な世界へご案内いたします。