CIV5 MOD Barbarian Evolved 蛮族がヤバイぞ!

はじめに

民間ユニットを拉致したり、交易ユニットを潰すCIV5のお邪魔虫である蛮族。

その蛮族をより恐ろしい存在にするMOD「 Barbarian Evolved 」の紹介だ。

このページでは、蛮族の代表である俺様が直々に説明してやるぜ。

プリセットの紹介

MODには4つのプリセットが設定されている。では順に説明するぜ!
バーバリアン・エヴォルブ

俺たちがさらに強く、ヒットポイントが1でも突撃するくらい積極的になるぜ。中世の砂漠とか氷原が騎士とかで溢れかえるぞ!

ついに俺たちも都市を運営できるようになった。野営地を放っておくと都市になるぞ。野営地が成長するだけじゃなく弱い文明や都市国家を片っ端から攻めて国取り合戦を始めるぜ。文句があるんなら取り返しに来な!

あと飛行機が飛んでる時代に弓矢のユニットを出すようなバカな真似もしなくなるぜ。

ついでに俺たちの呼び方を設定できるぞ。各時代ごとに設定できて、日本語でも名を付けれるぞ。でも変態集団とかそういう名前はやめてくれ。

MODをプレイするならこのモードだけで十分だぜ。

カスタムDLL

他のMODと連携していろいろ弄れるらしいけど、ゲームの動作が更に不安定になりそうだ。俺様は遠慮するぜ。

ミニマルディスラプション

最小限の悪影響とかいう意味で、俺たちの能力を抑えたモードだ。でもこのMODを入れてこのモードにする意味ねーよな。俺様は遠慮するぜ。

ナイトメアモード

” アンデッド “の力を手にいれた俺たちはどんな地形でも平地みたいに走れるし、力も強くなったと思う。俺たちに倒されたユニットは、俺たちの仲間になって復活するぜ。

でもダメだ!気が付いたら全世界の都市が俺たちと同じアンデッドの蛮族になっちまう!

その上いくら飲んでも酔わないし、食べ物は舌の上で灰になるし、いい女を見ても全然ときめかねえんだ!

MODの注意点など

気を付けてほしいことがいくつかある。

まずは軍事ユニットが俺たちと戦って得られる経験値は上限が解除される。戦い続けるとどんどん強くなるぞ。

だが大将軍ポイントはMODなしと同じである程度で止まる。中国文明はがっかりだな。

非戦主義なんて何の役にも立たんぞ!ガンジーも二刀流で乱舞しながら掛かってきな!

それからゲームのオプションで怒れる蛮族はおすすめできん。中世までにすべての文明が蛮族に飲み込まれ、全世界が暗黒時代に突入する!

CIV5は難易度の高さでAI文明の蛮族への戦闘ボーナスが決まる。低難易度ではAIがすぐにやられてしまうから、あまり難易度は下げないほうがいいぞ。

AIは都市を占領される

これは古典時代の画像だ。まあ俺たちに掛かればざっとこんなもんよ。このあとウィーンは蛮族の都市に組み込まれた。
AIはMODが入ってない思考パターンだから、周りに蛮族が沢山いるのに文化遺産を生産したり、開拓者を出すなど呑気な行動を取る。防衛を疎かにしたらそりゃ俺たちが勝つのは当たり前だ。

一応言っておくが、MODが無かったらAIの都市が蛮族の攻撃でここまでやられることなんて無えんだぜ。

そういえばこの都市のリーダーはやたらと着飾ったおばちゃんだったな。ふくよかな感じだったが俺様は嫌いじゃないぜ。

蛮族の文明がAIとして登場

登場するAI文明に蛮族の文明を選択できるようになる。専用の外交画面でお前らに恐怖をもたらしてやるぜ!
一応やり取りはできるようだがお前らの言う事なんて聞いてやらねえぞ!なにせ出会った次のターンに宣戦布告するからな。

それから外交画面のイケメンは誰だと思う?あれは兜を脱いだ俺だ!

蛮族としてプレイもできる

蛮族と一緒になって戦いたい!そんな物好きだっているはずだ!・・・・・いるよな?

そいつらのために俺様が説明するぜ!まずは特性だ。

蛮族の文明特性と固有のユニット

文明特性

開拓者と世界遺産の生産・交易を行うことができない。

都市は生産能力を持つが、ユニットの生産に限定される。

全ユニットの維持費がゼロ。都市や人口による不幸が発生しない。

アンデッドユニットは地形による移動力低下を受けない。

固有のユニット

Enslaved Worker 
ユニットの性能は労働者と同じ。

Infiltlater
ユニットの性能は斥候と同じ。

どうだ!

維持費と幸福の概念が通用しない文明なんて最強すぎるよな!!

だが言っておく。野営地が都市にどんどんアップグレードするから、太古の時代に2桁の都市を持つ超巨大蛮族帝国が誕生する。そうなれば、難易度が創造主であってもAIを一方的にいじめられる恐ろしい文明になる。

つまり強すぎるのが問題なんだ・・・。蛮族でのプレイはおすすめできん。

たまには蛮族にも目を向けよう

蛮族は特に序盤で非常に厄介な存在だ。だが、ゲームに慣れてくると意外な働きをしてくれていることが分かってくる。

ここでは俺たち蛮族について、噂で聞いたことを少し話してみようと思う。

敵の大預言者を防ぐ?蛮族

大預言者は独特な雰囲気の爺様とその連れ添いたちの集団だ。出張先で芸術家とか、科学者とか、審問官によく追い回されてるな。

見た目はあんなだがすげえパワーを持ってて、都市を丸ごと”改宗”しちまうんだそうだ。おまけに国境が開いてなくてもお構いなしに他国の領土に入れるから、戦争中でなくても異教徒の大預言者は警戒されるユニットなんだそうだ。


大預言者は他文明の都市に審問官がいたりすると、自国に帰らずに護衛もなく、その辺をうろうろし始める。そしたら俺たちにとっちゃカモよ。

でも俺たちが捕まえた瞬間に爺様をあれほど嫌っていた国の軍隊がやってきて、爺様を連れていっちまうんだ。

なんでも、俺たちに捕まったら” ブンメイゾクセイ “とかいうものが外れるんだと。

連れてかれた爺様は” セイチ “になっちまうんだそうだ。よく分からんが怖えな。

都市国家への影響力を上げる

都市国家は俺たちに蹂躙されたことをずっと根に持っていやがる。だから俺たちが国境線近くで倒されると都市国家の連中は喜ぶんだ。

その特性を利用して、わざと近くの野営地を潰さずに放っておいて、俺たちが国境線にいるときだけ痛めつけて、都市国家にいい顔するふざけた指導者もいるらしいんだ。

野営地排除が都市国家のクエストになったり、一つの野営地が複数の都市国家のクエスト対象になったりもする。それも達成すれば、すぐに都市国家は同盟するだろう。

おわりに

少し話が逸れたが、以上が俺たちを主役にした CIV5 MOD 「 Burvarian Evolved 」だ。ゲームが普段と違う雰囲気になるぜ。

それからMODの使用は自己責任だ。いつゲームが止まってもおかしくないからセーブはこまめにな!

あばよ!

SPONSORED LINK



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Wolfy Blacksmith

人々が作り上げたモノやテクノロジーが好き。そしてゲーム、音楽、映画が好き。 そんな管理人が、教養とエンターテイメントが交差する不思議な世界へご案内いたします。